バルト三国旅行は専門のアリスツアーへ

〜私がバルト三国へ旅したくなる7つの理由〜

バルト三国はバルト海の東岸、フィンランドの南北に並ぶ3つの国エストニア、ラトビア、リトアニアを指します。 その地理的位置からバルト三国と総称されていますが、三ヵ国のとも言語は異なり、それぞれ独自の歴史を持った国々です。 中世以来、ドイツ騎士団・ポーランド・スウェーデン・ロシアなどの支配を経て、第一次大戦後独立しましたが、1940年ソ連に編入。 しかし1991年再び三国とも独立を果たし、今日の多種多様なバルト三国の歴史を歩んでいるのです。 そんな魅惑に包まれたバルト三国へ旅したくなる理由とは・・・

①世界遺産の旧市街はまるでおとぎの国!

☆エストニア・・・中世ドイツ風の街並みが残るタリンの旧市街は「ドイツよりもドイツらしい」と言われるほど。 14〜15世紀に建築された建物がそのまま残り、回りを城壁が囲んでいます。 まるで絵本の世界に迷い込んだかのようなかわいらしい町並みが見どころ。 1997年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。 ☆ラトビア・・・中世の美しい町並みを残すバルト最大の町「リガ」の旧市街は、1997年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。 ゴシックやバロックなど様々な建築スタイルが入り混じっているいるのが特徴的です。 またユーゲントシュティール建築が多く残されており、その繊細な芸術が詰まった建築群もリガの魅力の一つです。 ☆リトアニア・・・ヴィリニュスの旧市街はヨーロッパ最大を誇り、1994年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。 三国の中では一番カトリックの信仰が強い都市で、一際多くの美しい教会が残されているのが最大の見どころです。 「夜明けの門」は数少ない現存する城門の一つとして非常に貴重で、中には奇跡を起こすとされた聖母マリアのイコンが設置されています。

②中世の面影を残す奥深い歴史が面白い!

皆さんは「人間の鎖」という歴史的運動を知っていますか? 当時ソビエト連邦の統治下にあったバルト三国が独立運動の一環として行ったデモ活動です。 独立を訴えて、願って、祈っておよそ200万人が参加して手をつなぎ、三ヵ国を結び、約600km以上の人間の鎖を作りました。 この運動をきっかけにバルト三国の独立は一気に進み、1991年に独立は承認されたのでした。 バルト三国の歴史は苦難であったと伝えられています。大国に翻弄され続けたバルト三国でしたが、 独立しても当時のまま美しい中世の面影を大切に残しているのはなぜなのでしょう。 バルト三国の人々が願った平和な思いと秘められた奥深い歴史。バルト三国を旅すればきっと答えが見つかるはず。

③食材にこだわった料理を満喫!

伝統料理には欠かせないジャガイモ、魚や豚肉を使った料理が多く、日本人の口にはとても良く合います。 またそれぞれの国での特産を上手く調理し、かわいらしい盛り付けで提供してくれるのもバルト三国の食のおすすめポイントです! 様々な国の文化を取り入れた料理も多く、おなじみのビーツ(赤カブ)とサワークリームのスープはどこかロシアを感じさせますね。 バルト三国へ旅したらぜひ食べてほしい料理は血のソーセージ(エストニア)、豆のソテー(ラトビア)、キビナイ(リトアニア)など。

④大自然を目で見て、肌で感じて、癒される!

手つかずの美しい自然が残されているバルト三国には心も身体も癒されるたくさんの自然スポットがあります。 旧市街での観光やお買い物もいいけど、森とバルトの海からのエネルギーを感じながらのんびり散策はいかがですか? ☆エストニア・・・ラヘマー国立公園は首都タリンから車で約1時間ほど。広大な湿原と豪華な荘園が見どころ。 ☆ラトビア・・・ガウヤ国立公園は“ラトビアのスイス”いわれるほど渓谷と古城の調和が美しい。ロープウェイからみる豊かな森は圧巻。 ☆リトアニア・・・ネリンガはバルト海沿い全長約98Kmに及ぶ砂州。クルシュー砂州とも呼ばれ、世界遺産にも登録されています。

⑤自分だけのハンドクラフトのお土産を見つけよう!

バルト三国のお土産の特徴はなんといっても「ハンドクラフト」のものが多いということです! 伝統柄のミトンや靴下、セーターなどから、一点物の陶器まで作り手の温もりが伝わってきます。 また、ラトビアとリトアニアではアンバー(琥珀)で作ったアクセサリーも豊富。女性へのお土産におすすめ。

⑥知られざる郊外の町でワンランク上の旅を!

首都だけではなく、郊外にも素敵な町がたくさんあります。ほんの少し足を延ばしてお気に入りの町を見つけましょう。 ☆エストニア・・・エストニアの夏の首都と呼ばれる「パルヌ」で海水浴やスパを満喫しましょう。キヒヌ島への玄関口でもあります。 ☆ラトビア・・・リガからバスで行ける「クルディーガ」はおとぎ話に出てきそうな雰囲気の古い町並みが可愛らしい。 ☆リトアニア・・・ロシアの歴史を色濃く残す「カウナス」は絶対に訪れたいスポット!杉原千畝記念館もあります。

⑦滞在しやすい環境で安心の旅を!

バルト三国は他ヨーロッパ諸国と比べて、治安が非常に良い事が魅力です。 旧市街の夜はライトアップされて、非常に幻想的な雰囲気となりますので、夜でも安心して歩くことができます。 ※最低限の注意と、真夜中の一人での町歩きには十分注意が必要です。 また、物価の安さも魅力の一つ!ヨーロッパと聞くと物価が高いのでは?と思いがちですが、バルト三国は物価が安く過ごしやすい環境です。 宿泊施設や公共交通機関なども非常に安価のため、旅行代金も予算通りに満足のいく旅ができちゃいます!

バルト三国ド旅行はアリスツアーにお任せ下さい。

バルト三国旅行問い合わせ
森と湖の国フィンランドは前述の通りオーロラ観測、サンタクロース、ムーミン、かもめ食堂・・・様々な楽しみがございます。
アリスツアーのスタッフは全員フィンランド渡航経験がございます。

特別アレンジも大歓迎です
サウナパーティや蚤の市めぐり
ウェットスーツを着て渓流に流される川くだりなどなど様々な手配経験あり

お客様の望みをかなえるフィンランド旅行の実現をお手伝い致します。
フィンランドに行く気になったらお気軽にお問合せ下さいね。

バルト三国旅行問い合わせ

サブコンテンツ

バルト三国
オーダーメイド旅行

オーダーメイド旅行のアリスツアー

オーダーメイド旅行のアリスツアーのスタッフは全員バルト三国への渡航経験がございます。フィンランドへの旅行をお客様ひとりひとりの希望に応じてオーダーメイドに誠心誠意心を込めてご提案させて頂きます。

お勧めバルト三国旅行

  • オーロラ観測

    オーロラ観測

    フィンランドのオーロラは、年間で200夜、ラップランド上空に出現します。オーロラ観測に適したモデルプランをご提案します。

  • サンタクロース

    サンタクロース

    世界中の子供たちの夢サンタクロース村のあるロヴァニエミでは本物のサンタクロースとご対面できます。そしてサンタパークではジンジャークッキーのデコレーションに挑戦したりお子様と一緒に楽しめます。

  • ムーミン

    ムーミン

    ムーミンワールドは物語で見たムーミン谷そのもの!ムーミンの家やヘムレンさんのコテージ、ムーミンパパの船でムーミンの世界をたっぷり楽しみましょう。タンペレのムーミン谷博物館でもムーミンの世界に浸りましょう。

  • フィンランドデザイン

    フィンランドにはアルヴァ・アアルト、カイ・フランク、マイヤ・イソラなどモダン・デザインの巨匠が多く存在します。街の光景から北欧雑貨までフィンランドの洗練されたデザインをお楽しみ下さい。

  • 教育視察

    今や教育水準世界一と言われるフィンランドの教育。日本の教育関係者・学生の方々・教育に携わる方大歓迎です!


アリスツアー 旅行情報ページ

このページの先頭へ